菫色の小部屋より*通販承ります!

evenement2020a.jpg

 美しき菫色のギャラリーショップ『霧とリボン』様は、モードから文学・アート&カルチャーを網羅する展覧会を開催され、各界隈でご高名な方々も訪問される、まさに19世紀のサロンのようなギャラリーショップです。オーナーのノール様にお声をかけて頂き、アンヴァンテールのアンティークをショップに置いて頂いていること、光栄な思いでいっぱいです♪そして、霧とリボン様にて、たくさんのお客様に当店の商品をご購入頂いて参りましたこと、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございます!
 さて、先日、お知らせの通り、現在、霧とリボン様の実店舗はお休み中ですが、オンラインギャラリーショップオープンに伴い、オーナーのノール様より、当店の在庫商品を、通販ご対応して頂けることになりました!

アンヴァンテールの出品アンティーク通販のお申し込みについて

霧とリボン様が通販のご対応下さります。商品のダメージやサイズ、追加画像など、詳細につきまして、お手数をお掛けしてしまい誠に恐れ入りますが、霧とリボン様へお問い合わせ下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

●下記↓商品が、通販を承ります在庫有り商品です。リンク先をクリックして頂きましたら、霧とリボン様のオンラインショップにてご注文頂けます。

1316-kiritoribbon_0162.jpg

―真夜中の菫摘み。

1930~1940年頃の菫のブーケが刺繍された、シックで可愛いアンティークリボンはいかがですか?黒地にスミレが映えて、夜にひっそりと咲く菫をそのままリボンに仕立てたような雰囲気です。17個のスミレ刺繍が入っています。
幅:約10..5cm、長さ:約200.0cm。

1930〜40年頃スミレ刺繍のリボンB/8,000円

////////////////////




1316-kiritoribbon-haut2.jpg
(写真撮影:霧とリボン様/Photo by 霧とリボン)

1900年頃の黒レースの豪華なアンティークのドレス上着に菫のアンティークカードを添えて、菫嬢の為のアンティークセットに。
アールヌーヴォー時代のクラシカルで華やかデザインに、水玉模様がどこかモダンな雰囲気を与えてくれている、大変美しいドレス上着です。ドレス上着:肩から裾まで約46.5cm、肩幅おおよそ36.5cm。水玉生地の上に薄いシルクオーガンジー(?)がかぶされているのですが、破れ箇所があります。他、内側生地にダメージ有り。

1316-kiritoribbon-haut3.jpg
(写真撮影:霧とリボン様/Photo by 霧とリボン)

菫嬢のお洋服と菫カードセット/18,990円


////////////////////



1316-kiritoribbon_0129.jpg

―菫嬢の為のお洒落セット。

アンティークの菫の布花ブーケとベルトバックルをセットに。1930~40年頃のものと思われる菫ブーケ、お帽子にちょこんとあしらって頂けても素敵かと思います。スミレ:縦:最大約14.0cm。バックル:6.8×4.5cm。

菫の布花ブーケとベルトバックルセット/8,920円


////////////////////



1915_7427.jpg

1900年頃のコルセットが入っていたコルセット箱。sans gêneとは「不快感無く」といった意味に加えて、19世紀末の喜劇“Madame sans gene”(マダム・サンジェーヌ)へのダブルミーニングという歴史背景も楽しいお品です。(裂け、破れ、凹み有り)

1900年頃のコルセット箱/10800円


////////////////////



1316-kiritoribbon_9836.jpg

1900年頃のものと思われる菫色のグラデーションが大変美しいアンティークリボンと菫色のパーツをセットに、菫色洋品店のお針子さんの為のセットといった雰囲気に。アンティークリボンはかなりたっぷりのメートル数が入っていますので、アンティークハンドメイドの資材にいかがでしょうか。(薄グリーンの紙ラベルは、リボンの巻が外れないように、私の手持ちの古い紙を切って巻いたものです。)リボン台紙のサイズ:約14.5×6.5cm/リボン幅:約0.4cm。パーツ:最大約4.5×4.5×厚み1.0~1.2cm。

菫色リボンとスミレ色パーツセット/7,920円Sold



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




※↓以下の商品は、オンラインショップには掲載されていませんが、実店舗に在庫の商品です。通販可能でございますので、霧とリボン様のお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。



一角獣のアンティークバッグ

とても珍しい、一角獣のアンティークバッグ。動物柄自体あまり見ない、この時代このタイプのバッグで、なんと一角獣!と、とても驚いたのですが、実は、バッグを開くと小さな紙が入っていて、1851年9月15日生まれのマリー・ワゲンハイムが作ったバッグだと記載されており、つまり、既製品ではなく、マダム・マリーによる手作り作品で、だからこその、レアな一角獣の柄のバッグが存在したのだと納得でした。

アンティーク一角獣バッグ

バッグ内部はダメージがありますが、バッグinバッグでご使用頂けたらと思います。(※入っていた小さな紙は、後の時代におそらく家族の方が記録の為にポストイットに書かれていたものですので、バッグからは取り除いています。)

◆1900年頃「一角獣物語」バッグ/28,900円


////////////////////



1915_7298b.jpg
フランスのランジェリー店「アントワネット」のショップ用メタルプレート。LINGERIE & FRIVOLITESの、「FRIVOLITES」とは、「ちょっとしたもの」と訳せば良いでしょうか、こまごまアクセサリーや服飾小物などがランジェリーの他に販売されていたのでしょう。年代は、1970年頃のものでしょうか。

◆「アントワネット」という名のランジェリー店のメタルプレート/6,940円

About




アンヴァンテールは、パリやフランスの田舎で見つけた、シックでロマンティック、物語性のあるアンティークを蒐集するフランスアンティーク&ブロカント店です。

買い物カゴを確認する

フランスアンティーク店「アンヴァンテール」へはこちらから。
http://bel-inventaire.com/

Recent Entry

All Entry

全タイトルを表示

Monthly Archieve